どのような状況なら浮気調査をしたほうが良いのでしょうか?

>

離婚を覚悟するなら浮気調査を依頼しましょう

離婚を考えている場合

浮気が許せずに確実に離婚したいならば、探偵事務所へ浮気調査を依頼するべきです。
不貞行為は貞操義務に違反する行為(民法第770条)で、不法行為にあたります。
これは、浮気が離婚の正当な理由と認められているということです。
その場合、確実な証拠が必要で、疑惑だけでは、有利とはなりません。
配偶者はまず事実は認めないでしょうし、離婚まで発展しても慰謝料や財産分与での折り合いはつきにくくなります。
その時に裁判官を納得させるために、必要なのは浮気の証拠となります。
写真などで事実が明らかにされれば、裁判ではかなり有利となります。
調査費用はかかりますが、それだけの価値があるということです。
配偶者や浮気相手への慰謝料にその費用を上乗せしても問題はありません。

パートナーが夫婦でない場合

恋人同志の場合は、わざわざ探偵事務所で浮気を明らかにしなくてもいいでしょう。
傷つくとは思いますが、自由恋愛においては仕方がないことです。
証拠を突き付けても法的措置は及びませんし、修復することは難しいので、そういう相手に費用をかけることはありません。
しかし、婚約者や事実婚状態であれば、浮気調査を頼む価値はありそうです。
浮気の証拠があれば、破談になる可能性が高いので、結婚式の準備の費用や慰謝料を請求することが出来ます。
両親が子供のために調べるケースもあり、結婚詐欺師・借金などの問題が発覚することもあります。
事実婚の場合も、浮気で生活を壊すことになります。
証拠があれば、損害賠償の請求もできますし、民事裁判になれば、資産分与も有利になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る