どのような状況なら浮気調査をしたほうが良いのでしょうか?

>

冷静に現実と向き合っていきましょう

夫婦で現実と向き合う

浮気の証拠がなければ、認めることはありませんので、その後もずるずる続けて行く可能性があります。
しかし、証拠をつかむことによって、夫婦できちんと現実にむかいあえますので、和解へも進むことも出来ます。
言い逃れが出来ませんので認めたうえで、離婚するか浮気相手と別れるかを話し合うことができます。
一緒に乗り越えていく事が出来れば、大きな成長になり絆が深まります。
探偵事務所のアフターサービスには、浮気相手に訴訟を起こしたり、慰謝料を請求したり、不貞行為をやめてもらうように交渉してくれるサービスもあります。
配偶者にも慰謝料を請求することによって、事の重大さをしってもらうことができるのではないでしょうか。
反省して関係の修復へ動いてもらえることも多いようです。

気持ちを整理して前に進む

浮気をしているのか。していないのか。日々もやもやいらいらして過ごしているのではないですか?
いつも浮気のことばかり考えてしまいますよね。
その結果、何年も心の底から楽しむこともなくなり過ごしていかせんか?
実際に浮気をされていたら辛いと思いますが、解決できないまま次第に思い詰めてしまうとうつ病やパニック障害になってしまいます。
そういった状況だと配偶者の全ての行動や言動が浮気と関連させてしまいがちです。
主観が入った状態では、正しい判断もできずに、感情ばかりが激しくなってしまいます。
もしそういった状況が続くようであれば、探偵事務所に依頼しましょう。
事実と向かいあって気持ちの整理を行った方がいいのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る